Baku Hashimoto

橋本 麦

目に焼きつくような明るい残像のコンポジット

リールの冒頭の、目に焼きつくような残像のコンポジットの仕方。最近またこのプロジェクトをいじる機会があって、自分でもやり方を忘れていたのでメモ。

これが元素材。

エコーをかけて「カラー」で合成。

で、背景にこれを置いてやると

完成。

エコーエフェクト

レイヤー


上から「エコーかけたやつ」「通常」「背景」
(背景が乗算になっていたけど、多分関係ない)

「カラー」は、下のレイヤーの輝度だけを残しつつ、色相と彩度を適用するという描画モードらしいです。


とにかく案件ごとにルックをガラリと変えていくのが楽しいみたい。多分、実作業時間の2割くらいはルックの試行錯誤に費しているような気もする。さすがに大げさか…。

せっかく考えたコンポジットの手法が誰にも知られずに終わるのも勿体無いので、出来れば毎案件何かかしら備忘録的に書き留めていくのを習慣づけられたら良いなと思っています。