Baku Hashimoto

橋本 麦

Her Morning Elegance / Oren Lavie

久々に観て, 改めて感動してしまった.

卑屈な性格もあいまって, 大体の作品が, 発想は面白いのに体験として気持よくないか, 細部にセンスは感じるんだけど「それっぽさ」以上の印象が残らないかのどちらかに感じてしまう.

だからこういう, 全体のアイディアと細部のアニメーションの両方が噛み合って良さを引きたてている作品はとても刺さる.

9 6, 2015

ストリートなりクラブなりインターネットなり、10代の頃に影響を受けたシーンが何かかしらあるワケだけど、自分にとってのそれは多分ハッカー文化で。

小学の頃からコードは書いてたし、Paul Grahamのエッセイや”How to become a hacker”は厨二の最中変な影響受けてた気がする。(中学のタイムカプセルに将来始めるスタートアップの社名が書かれている)

とはいえLinuxのディストリビューションを自作してたブログ友達や高専の友人には敵わなかったし、GitHubも知らない所詮ワナビーだったとは思うけど、肌感覚として互恵性だったり、オープンであることはクールだって価値観が染み付いてるのは、財産だなぁ、って最近になって実感してる。

9 4, 2015

ここにきて改めて、hydekickさんの作ったこの方のポートフォリオ、本当にめちゃくそクールだなって思う.

Tèzzo SUZUKI / 鈴木哲生

パクリもなにも、前提としてEverything is remixなワケで、要はどうremixするかの話でしかない.

引用元を明示して、自分がどう編集したかをオープンにするのは、論文やプログラムの世界では当たり前のように行われていることだし、「創作物」として見られがちなデザインも、実はそうした見せ方をしていくのが自然なことなのかもしれない と感じた.

縦書き

昔の日本語の看板は、横書きを逆方向に書いているんじゃなくて、1行1文字の縦書き って話最近一番グッと来た

構成論的アプローチと分析的アプローチ

メモ

実際に事業を営む経営者は経営を構成論的なアプローチで理解している一方、経営学氏はは分析的に理解している。あるいは、実際にスポーツをしているアスリートはスポーツを構成論的に理解している一方、スポーツ評論家は分析的に理解している。要するに、構成論的アプローチとは、「つくってなんぼ」というアプローチなのだ。

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

△▼▽▲素材

![](/wp-content/uploads/2015/07/mosaic_KS_mid.gif)

とのことだったので、素材載っけときました。多分大丈夫。

Tesselation with Triangle (156.4MB)
[license type=”cc0″]

2年前なので正直自分でもどうやったか忘れてますが、C4Dでグレースケールの△▼▽▲素材を作って、AEでコロラマで色付けしたのは覚えてます。▲がチラチラし過ぎてる時は、フレームブレンドONにしてスロー再生しつつ、エコーかけるとイイ感じになったような…。


![](/wp-content/uploads/2015/07/Screen-Shot-2015-07-19-at-22.59.02.png)

「数ドット分の溝」なんだけど、多分これの事だと思います。ぶっちゃけそんな気にしてませんでした…。

  1. C4Dから書き出す時に4K位でアンチエイリアスをオフって書き出し
  2. AE側でコロラマなりTritoneを掛けて色をつけ
  3. 50%に縮小 & OLM Smootherを適用する

って方法だと上手く行きそう。

おじさんのホームページ

デザインのデの字も知らないおじさんが、ブログやTumblrといったWeb2.0的なプラットフォームに目をくれることなく、10年以上シコシコとホームページ・ビルダーで継ぎ足し継ぎ足し更新し続けてきたようなサイトが好きだ。その人の中でガラパゴス的に深めていった知見の集積が独特の生活臭となってダサいタイル背景画像に染み込んでいるような、実家を思い起こさせる安心感のある乱雑さが良い。

というと、馬鹿にしているみたいで申し訳ないのだけど、別に何かウラの含みがあるわけでもなしに、普通に読み物として面白い。それこそ最近のバイラルメディアの、いかにもバズに最適化されたような「一度は行ってみたい 世界の○○な場所 ベスト10」とかいうクッソ薄い記事じゃなくて、おじさんが独自のキュレーション力とフェティシズムでコツコツ集めたニッチで濃ゆい情報にガツンとやられる。


Takemaのあっちこっち
夫婦の旅行記が面白い。奥さんはY字バランス、管理人さんはX字で空中ジャンプで記念写真を撮るのが恒例らしい。

scilla
嘘じゃなしに、小学生の頃から読んでた。高学年の頃、なぜか無性に分子模型を作りたい欲求に猛烈に駆られた時期があって、毎日このWebサイトをチェックして新しい分子模型が出来上がってないか楽しみにしていた。ちなみに結局発泡スチロール球は高すぎたので、ペーパークラフトで我慢する他なかった。「仮説実験授業関連」がおすすめ。

S.F.A1 サイエンス ファクトリー 英一
ニッチなペーパークラフト多し。フラーレン作った時は死ぬかと思ったので、簡易版がおすすめ。

世界飛び地領土研究会 (飛地)
ここ数年のおじさんホームページの中で一番のヒット。タイトルに括弧書きで「(飛地)」と付け足されている感じがなんとも言えない。書籍も出ているので一部界隈では有名っぽい。学生時代に九龍城に住まれていた事があるらしく、そのときの体験談も相当にカオス。group_inouのMVを作るときもこのサイトで場所をピックアップしたりした。

折り紙研究ノート
東大大学院のプロモーションWebを作った時に知った。少しデザインはかっこよくなってしまうが、折り紙の折り方を幾何学的に研究されていて面白い。こんな折り目、見たことない。

北岡明佳の錯視のページ
錯視研究の第一人者。Lady GaGaの”ARTPOP”のアルバムにもこの方の作品が採用されたことで有名。

変な法律
子供向け科学教材みたいな会話劇になってるのが楽しい. 近々第二版へ移動予定だとか.

世界の砂と日本の砂 スキャナーを使った砂の画像観察 地質調査センター 須藤定久
ノガミカツキが教えてくれた. 良い.


見つけたら足していく。

ユーフォニアムロス

響け!ユーフォニアムの何が刺さったのかずっと考えてたのだけど、結局佐藤雅彦氏の言うところの「studious」に行き着くのかなって思う

『Q9:将来佐藤さんのようになりたいと思っている若者や子供たちへのメッセージをお願いします』

僕は実は30過ぎてから表現の世界に入ってきたわけなんですけど、今なんでこんなに物を作ることに集中とか夢中になれるかっていうと、ちっちゃい時僕は静岡県の伊豆で育ったんですね。毎日海に行って、海の生物・・・アメフラシとかですねヒトデとか、そういったものに夢中になってたんですね。

それとか近所の子ども達に新しい遊びを提供することに夢中になってたりとかしてて、あと海もありますし山もあるし川もあって、もう夢中になれるものがですね、素材がまわりにあふれてたんですね。虫も魚もものすごくいっぱいあったし、遊びも自分で作ってて、ものすごく夢中になったんですね。

で、その時には例えば表現の「表」の字もないですよね。デザインの「デ」の字もないんですよ。やっぱり何が面白いか、これに夢中になるっていう、僕は夢中になるってことを「studious」っていうラテン語で表してるんですけど。

あの「study」っていうと勉強って訳しますけど、その「study」の語源っていうのは「studious」っていって、夢中になる・熱中する状態なんですね。ですからスタジオ(studio)なんかみんなが熱中して物事を作ったり撮影したりしてるわけですけど。

「studious」になることを覚えた子どもだったら、将来それは表現をやろうと、他の例えば研究をやろうと、あるいは物を作る人になろうと、それはすごくやっぱりひとつのものを集中の仕方が分かっているので到達できるんですね、自分のやりたいことに。

一番いけないのは、体裁だけを整えて「こっちの方が見栄えがいい」とかですね、その表面だけのことを覚えて取りつくろうことだけが巧みになるっていうのが、僕はすごく今恐れていることなんですね。

もう小さいときは・・・この映像って多分、子どもが直接見るっていうか、お母さんとかあるいは大学生とか、これから若い人を育てる立場の人だと思うんで言いたいんですけど、それが釣りだろうと音楽だろうと、特にスポーツですね。野球やサッカー、そういうものに夢中になることを周りで勧めたいなと思ってるんですね。そういう環境を作りたいっていう。

例えば僕は結構、体育会の子が好きなんですけど、野球やってた子って、中途半端な面白さ、世の中の例えばシュールな面白さみたいなああいうものは「え、つまんないんじゃないの?そういうものは」と一言で看破できる力を持ってるんですね。

ですから一度夢中とか熱中した経験のある子だったら、「何が本当に面白いのか」「何が本当に美味しいのか」とかが分かるんです。世の中マスコミがすごくうるさいから、「これがなんか美味しいですよ」とか「これが面白いですよ」とかって、いっぱい情報がありますよね。

その時にやっぱり大事なのは自分の考え、自分の意見ですよね。「なんだつまんないじゃないか」と、「なんか世の中間違ってるな」と思ってもいい。そういうなんかこう自分が一度夢中になった・熱中した体験があると、本当のものを見つける力があるなと思うんですね。

僕は本当に表現の世界に入ったのはすごく遅いんですけど、それまでに夢中になったものが今思うとたくさんあって、たまたま故郷が伊豆で海とか山とか自然がとてもきれいなところで、それはすごく今感謝してますね。本当に面白いもの・きれいなもの・美味しいものっていうのを、そこで身をもって知ったと思うんですね。

子ども達にはそこを体験させたいですね。間違っても上辺だけ、あるいは人との関係だけで成立するような人間にはなってほしくなくて、だからズバッと本当に面白い番組とか表現をやりたいなと思っているんですね。

「新しい発想のために必要なこと」佐藤雅彦さんのインタビューが非常に良かった – Blog@narumi

最初から才覚とモチベーションに溢れた主人公らしい主人公がスポ根するんじゃなくて、さして夢中に打ち込める事も無ければ、かといって無気力ヤレヤレ系でもない、人並みに真面目で人並みにシニカルな一面を孕んだ主人公が、身近な人物のstudiousさに異化されて自分なりのstudiousに目覚めていく過程こそが、ユーフォの一つの大きな魅力だと思うわけですよ僕は。

そういう意味でも「進学校の部活動」は 舞台設定としてとても上手くて。スポ根モノみたいに、プロプレイヤーになるであろう将来が透けて見えるワケでもなければ、部活で活躍したとて受験勉強ほど実利的な見返りがあるワケでもない。現実的な進路の影が常に付きまとい続けるからこそ、その学生限りの活動に打ち込む登場人物の本当の意味での内的動機付けが輝いて見える。

もちろん承認欲求や打算が完全に無いとは言わないけど、studiousに何かにのめり込んでいる時の気持ちって「こうこうこうだからこれが好き」みたいに説明できるものではない気がする。再帰的な言い方だけど、「好きだから好き」「自分はこれが好きだという気持ちが何よりこれを好きでいさせてくれる」というか、ぜんぜん論理的じゃないんだけど、なんかそういうフワッとするような、ジリジリするような、そんな感覚。

この数年でようやく気付けたのだけど、そういうものに10代のうちに出会えるのって、実はとても幸運なことで、studiousな経験があるからこそ佐藤雅彦氏の言うように物事の本質を看破出来るようになるし、就活控えて急に意識高くなったり、自分探しの旅に出たり、なんてことにならずに、良質な ‪#‎QualityOfLife‬ を得られるような気がする。(人生を語れる年じゃないからなんも偉そうな事言えないんだけど…)

多分ナードな第一印象ほど深夜アニメが好きというワケでもない僕がアニメアイコンとか柄でも無いことをする位にハマったユーフォは、studiousであることの尊さを再認識させてくれる作品だったと思います、感謝しかない

そしてユーフォロスが辛すぎて手が動かない

千島列島

![](/wp-content/uploads/2015/05/KurilIslandVolcano.jpg)
千島列島 – Wikipedia

道産子はアイヌ語由来の地名に慣れ親しんでいるけど、 千島列島の地名って、聞いたことの無い「北海道っぽい地名」に溢れてて怖い。

知林古丹島(ちりんこたん) 新知島(しむしる) 羅処和島(らしょわ) あたりの、既視感と未視感の入り混じった感じ、妙にそそられる。

ブラックホールの大きさ

![](/wp-content/uploads/2015/05/gravity.jpg)
My theory on how the universe was created – Data Politics

ふと思い出したんだけど、ブラックホールの大きさは「半径」じゃなくて「円周」で表さないといけない、ってインターステラーの原作(?)に書いてあった。

よくこども百科とかニュートンに、ブラックホールを、超重いパチンコ球の周りが鋭いすり鉢状に沈み込んだゴム膜で表してる図があったりするが、「この坂道を転がっていく力が重力だよ」っていう解釈は間違っているらしくて(このゴム膜を歪ませてる力も、坂道を転げ落とさせる力も重力なワケで、再帰的に何も説明してない)、ただ、重力が周りの空間に与える「たるみ」の模式図としてはあながち間違っていないらしい。

円錐で考えたらわかりやすいが、重力のある天体を周る軌道半径とその軌道の長さは常に 2πr > c になってしまう。(半径も直径も、歪んだゴム膜の表面にメジャーをあてがって測らなくてはいけない。) そして、地球規模の天体はそのズレは無視できる程度なんだけど、時空の歪みが極端なブラックホールでは、その差は無視できないほどになるのだそうだ。

ガルガンチュアも、その見た目の大きさに反して、その内部にずっと大きな「半径」を持っている、って想像したらめちゃくちゃ怖いし、だけどその怖さってキライじゃない。