Baku Hashimoto

橋本 麦

TAG
aftereffects

After Effectsに求めること (妄想)

新しいコンポジションの種類

子コンポジション

普通のコンポジションから, 再利用性を一切抜いたもの. 特定のコンポの中に, 一度のみ使われる.
TCも親コンポに同期していて, プロジェクトパネル上でも親コンポの子要素として表示される. フォルダ機能にも近く, 親コンポのレイヤーパネルの中で, Finderのツリー表示よろしく展開することもできる.

クラスコンポジション

普通のコンポジションは再利用性がある一方, 再利用先のコンポ内でそれぞれに別の見え方になるような設定を個別にできなかった. クラスコンポジションは, よりコンポジションを抽象化することで, そういった問題を解決する. コンポジション自体に, カスタムプロパティを設定できる. 「コントロールエフェクト」をコンポジションに追加できるイメージ. そのプロパティはエクスプレッションを用いてコンポ内のレイヤーのプロパティとひも付けることができる. 再利用先の親コンポから, クラスコンポジションのカスタムプロパティを設定することで, クラスプロパティ内のレイヤーを再利用先から間接的に制御できるようになり, ある種のカプセル化が可能になる.

スリットスキャンをヌルっとさせる小技

スリットスキャンをAEの時間置き換えでやるとこうなりがちなんだけど, もう少し滑らかにするメモ. 質問があったので.

  1. 無理してHSで撮らずとも, Twixtorでfpsを強制的に上げればOK.
  2. AEのbit深度を16, 32にする. 大体の場合16bitで十分.
  3. AEのコンポジション設定のfps上限が99である事に気をつける. (pre-composeしてるとトラブルの原因に)

(3)は, HS素材をフッテージの変換から解釈するfpsを変換しやればOK. 半分とか. その分再生時にスローなるので注意ですが.

追記: 17/06/13
CC April 2017からフッテージ読み込み上限が999fpsに上がったので, あまり心配ない.

ビット深度は, マットレイヤーに変なマッハバンドが出ていない限り実はそんな関係なくて, Twixtorでfps上げるのが一番効果的. PhotoBoothで撮った30fpsの動画でも, 上記の設定しゃんとするとこんな感じになる.

(30fps→90fps, 16bit)

ベクター素材中心のコンポを後で高解像度化する

図形中心のモーショングラフィックスって, 素材がそもそもベクターで解像度も可変なんだから, 720pとかの小さめのコンポで動かし作業して, 書き出す時だけ高解像度でレンダリングすれば良いじゃんって話.

2Dレイヤーだけのとき

  1. 解像度低めの作業コンポをそのまま同解像度の出力用コンポにネスト
  2. 出力用コンポ内の作業コンポレイヤーのコラップストランスフォームをOn
  3. 出力用コンポをScale Composition.jsxで, 出力したい解像度にスケール

Scale Composition.jsxはAEにデフォで入ってます.

3Dレイヤー使ってるとき

  1. 解像度低めの作業コンポをそのまま同解像度の出力用コンポにネスト
  2. 重要: 作業コンポ内のカメラをまるっと出力用コンポにコピー
  3. 出力用コンポ内の作業コンポレイヤーのコラップストランスフォーム, 3DレイヤーをOn
  4. 出力用コンポをScale Composition.jsxで, 出力したい解像度にスケール

結構最近こういうやりかた多い. “すべてがFになる” ED映像も, ドット打ちした素材を1万倍とかにスケールした時にピクセルがちゃんと出るように, 補完をニアレストネイバーに. その際出た斜めのエッジのジャギーを消すために, 一旦倍解像度にスケール, OLM Smootherを掛けた後, 更にネストして, 1080pに縮小して書き出してる.

カメラのスケールが要注意で, 仮にコンポを倍解像度にしたいとして, “位置”, “目標点”の他に, “ズーム”もそれぞれ値を倍にしてやらないと画角がおかしくなる. 3Dヌルをカメラの親にして, そいつを200%にしても駄目. そのあたりScale Composition.jsxはちゃんとやってくれるので便利. 頻繁にアップデートするときは, エクスプレッションで出力用コンポから作業コンポのカメラのパラメーターとひも付けてやればいい.

ofxAEKeyframe

最近やった撮影で効率化のためにoFで自動撮影するシステム組んだんですが、なんかaddonに出来そうな雰囲気を醸してたのでまとめてみました。初addon。

ofxAEKeyframe / baku89

oF側からAfterEffectsにキーフレームをコピペ出来るやつです。

比嘉さんのofxAfterEffectsKeyframeParserが、AEのキーフレームのデータをoF側でパースするaddonだったんで、丁度その逆です。

映像制作にも楽器を弾くかのような即興性があれば良いのになって前々から思ってたけど、Adobeは謎ニッチな機能ばかりAEに追加するし、自分で作るしか無いなぁと最近は諦めてます。

このaddon使えば、LeapMotionで取った手の動きとかをAEに読み込めたりするんで、かなり俺得な作業環境作れそう。

プロジェクションマッピング制作支援ツールつくった

スクリーンの形状が複雑なプロジェクションマッピングの制作は、その展開図の上に映像をのせていくわけですが、立体スクリーンに投影された所をリアルタイムで確認しながらコンポジットできたら便利だなーと思い、ツールをつくりました。久々のoFです。

VirtualMapper ( source )

ネーミングセンス無くてすみません。(良い案あったら教えてください)

要するに、UV付きのモデルデータを読み込んで、Syphon(ソフト間で映像をやりとりするためのオープン規格)経由で送信された映像をテクスチャとしてリアルタイム表示するというツールです。

C4Dでモデルデータの書き出し、Syphonの出力をAfter Effectsから行った時の画面キャプチャです。

たいていのVJソフトやビジュアルプログラミング環境はSyphonに対応しています。AEは、AESyphonというプラグインをインストールすれば出力可能です。(シェアウェアですが、解像度制限のかかった試用版もあります)

投影時のキャリブレーションツールはたくさん出回っていますが、制作時に便利なツールはほとんど無くて。結構今でも展開図から組み上がった所を脳内補完しながら、力技で作っているケースが多い気がします。現場テストになって初めて、少し別角度から観ると全然飛び出て見えない、って分かってしんどい思いを何度かしているので、もし次制作する機会があったら大分楽になるかなぁと思ってます。

バグや不具合、アイディアなどあったらissueかTwitterにリプライください。僕自身が必要なひと通りの機能は実装し終えたとはいえ、このまま放置するのも勿体無いので、もし一緒に開発してくださる方がいたらとても嬉しいです。

今後は制作時につくった汎用性の高いリソースやツールはバシバシ共有していきたいです。今年の目標です。

![](/wp-content/uploads/2014/05/6.png) {.full}

Making of “Koji Namaura – B.O.Y.”

ナカコーのMV「B.O.Y.」、モーションデザインとコンポジット担当させて頂きました。

監督はKOTOBUKISUN所属の畳谷哲也さん、CDはファンタジスタ歌磨呂さんです。

モチーフに込めた意味、コンセプト云々はエディターとして関わらせて頂いた自分があまり語ることでは無いのですが、編集していく中で今後使えそうだなーって思ったTipsをメモっときます。

(さらに…)

ディザ (パターン)

![](/wp-content/uploads/2015/01/dither_gradient.gif)

PhotoshopのGIF書き出しで選べる「パターン」というディザ補完が好きだったので素材にしてみました.1fpsの256秒なので,AEエクスプレッションで扱いやすいと思います.

dither_gradient.mov
[license type=”cc0″]

使い道無いな…