Baku Hashimoto

橋本 麦

TAG
tutorial

MoGraphの複製数を増やした時,新しいクローンをニョキっと生やす

タイトルわかりづらいですが…

MoGraphの複製数を増やした時に,いきなりクローンが現れるのではなく,徐々に大きくなりながら現れて欲しい時のためのスクリプトです.今やってる制作で作りました.

project file

import c4d
from c4d.modules import mograph as mo

prevCnt = 0

def main():
    global prevCnt

    md = mo.GeGetMoData(op)
    if md==None: return False

    cnt = md.GetCount()
    marr = md.GetArray( c4d.MODATA_MATRIX )

    if prevCnt < cnt :
        for i in xrange( prevCnt, cnt ) :
            marr[i].Scale( 0.001 )

    md.SetArray( c4d.MODATA_MATRIX, marr, True )
    prevCnt = cnt
    return True

ディレイエフェクタは,スケールが0からの補間の場合変な挙動をするのですが,現在のフレームで新しく登場したクローンのスケールを1フレームだけごく小さな数に設定する事で,補完が上手く効くようになります.

上の動画みたいな単純な例なら複製数を変えずにボリュームエフェクタでマスクをかけるような感覚でスケール -0.999 を適用したほうが早い気もしますが,頂点数の変わるポリゴンやマトリクスに配置した場合,例えばThinking Particlesと併用した時や,伸長するスプラインに配置した時などに使えそうです.

最近C4DのPythonイジってないからかなり忘れてる…

MoGraphのクローンにオブジェクトを追従させる

Thinking Particlesでストレンジ・アトラクタ

素材一式

Thinking Particlesを使ってストレンジ・アトラクタをシミュレーションするサンプルです.

Xpressoの中身をみるとわかりますが,Pythonノードで一括で座標の更新をしています.

def lorenz_attractor(p, a, b, c, dt):
    c /= 10
    dx = -a*p.x + a*p.y
    dy = -p.x*p.z + b*p.x - p.y
    dz = p.x*p.y - c*p.z
    p.x += dx * dt
    p.y += dy * dt
    p.z += dz * dt

コードを簡略化するために,オイラー法を使っています.

要するに,現在のパーティクルの座標をもとにパーティクルにかかる力を計算し,その分だけ座標をずらしている話なので,ローレンツアトラクタに限らず,汎用性は高いです.バネのような動きを作ったり,渦巻きを描かせたりなんてことも出来ます.