Baku Hashimoto

橋本 麦

ビジュアルプログラミング

デザイナーも映像作家もなにかかしらの形でプログラムにお世話になってて, FCPもAdobe CCもC4Dも, 拡大解釈すると全部ある種のビジュアルプログラミングだと思うので, あとはどこまで低レベルまで自分でコントロールしたいと思うか, の違いでしかないと感じる.

映像生成するのにアセンブラから書くのは流石にしんどいので, 誰かが作ったプログラムの限定的なパラメーターを調整することでグラフィックを作ってる, ということだと思うのけど, 結局どの部分をカプセル化して, どの部分をデザイナーがコントロール出来るようにUIに落とすかは, 結局プログラムの設計思想に依る所でしかなくて.

一番怖いのは, そうとも知らずに, そうして外部化されたパラメータだけがコントロールできる全てだと勘違いしてしまうことで, 開発者都合で設定されている制約を制約として意識すらしないことだと思う.

例えば映像ソフトの殆どは, 並列処理がし易いように, 前後のフレームの状態に対して差分を加えるような処理を許さない仕様になっているがゆえにクレイアニメのような作り方をデジタルじゃできなかったりする. UVリマップやディスプレイスメントも, 大概ピクセルのオフセットの方向がX, Y軸に限定されていて, 例えば2つのチャンネルを極座標方向の変形として処理するだけで凄い面白いグラフィックが出来るのかもしれないのに, その可能性にすら気付けなかったり.

そういうアレコレが, なんでこれが出来ないの!? といった調子でいちいちストレスに感じるから, AEとかCinema4Dをそのまま使うより, 少しだけ低レベルな部分から弄ろうとしているだけの話だし, それすらもopenFrameworksだったりWebGLだったり, 誰かが作ったシステムのごくごく高級な部分を触ってるだけに過ぎなくて.

「プログラムで映像作るニュージェネ」みたいな印象を持って頂けること自体は別に否定するつもりは無いし, まずそもそも自分を認知して頂けるだけで有り難いの一方で, 自分の中では別にプログラミングと映像の融合といったものを意識してるつもりは無いし(とか言ってしまうのは少し確信的でヤラシイけど), そもそも理系と文系, デザイン思考とエンジニア思考を対立的に捉えてしまう時点で, 可能性を狭めているなぁと, ふんわりと感じている, という話でした.