Baku Hashimoto

橋本 麦

プロジェクションマッピング制作支援ツールつくった

![](/wp-content/uploads/2015/01/virtual_mapper_thumb.jpg)

スクリーンの形状が複雑なプロジェクションマッピングの制作は、その展開図の上に映像をのせていくわけですが、立体スクリーンに投影された所をリアルタイムで確認しながらコンポジットできたら便利だなーと思い、ツールをつくりました。久々のoFです。

VirtualMapper ( source )

ネーミングセンス無くてすみません。(良い案あったら教えてください)

要するに、UV付きのモデルデータを読み込んで、Syphon(ソフト間で映像をやりとりするためのオープン規格)経由で送信された映像をテクスチャとしてリアルタイム表示するというツールです。

C4Dでモデルデータの書き出し、Syphonの出力をAfter Effectsから行った時の画面キャプチャです。

たいていのVJソフトやビジュアルプログラミング環境はSyphonに対応しています。AEは、AESyphonというプラグインをインストールすれば出力可能です。(シェアウェアですが、解像度制限のかかった試用版もあります)

投影時のキャリブレーションツールはたくさん出回っていますが、制作時に便利なツールはほとんど無くて。結構今でも展開図から組み上がった所を脳内補完しながら、力技で作っているケースが多い気がします。現場テストになって初めて、少し別角度から観ると全然飛び出て見えない、って分かってしんどい思いを何度かしているので、もし次制作する機会があったら大分楽になるかなぁと思ってます。

バグや不具合、アイディアなどあったらissueかTwitterにリプライください。僕自身が必要なひと通りの機能は実装し終えたとはいえ、このまま放置するのも勿体無いので、もし一緒に開発してくださる方がいたらとても嬉しいです。

今後は制作時につくった汎用性の高いリソースやツールはバシバシ共有していきたいです。今年の目標です。