Baku Hashimoto

橋本 麦

器の広さ

それが他人に迷惑をかけるもので無い限り、
個人がどのような価値観を持っても干渉すべきではないよね。

と言いつつ、
本当はだらだらと享楽的なモラトリアムを過ごしている人たちを許せない。

どんな進路を選択しても
最終的に本人が満足する結果が出せれば、
学歴で序列化することに意味はないよね。

を建前にしつつ、
高卒や中卒を卑下せずにはいられない自分がいる。

友達が、
「どんな生き方をしてもいいんじゃない?
結局『充実している』に対する捉え方は千差万別だから、
俺は本人が現状に満足していれば、
人生に正解はないと思うんだ。」
というようなことを言っていて
純粋に、器、広いなぁって思った。
その一方で、
彼の言うことは建前ではないのだろうか、
と勘ぐってしまう。
本当は嫌いな人達がたくさんいるんだろーって。
それは多分、僕自身がそういう器量の狭い人間で
世の中をひねくれフィルターを通してみているからなのだろうな。
して結局、
そんなことを考えてしまう僕は
全然人間として未熟だよなぁって
自己嫌悪に陥るんだよね。

全然だめだー